ホットヨガLAVAの人気レッスンの一つ「開脚フローヨガ」をやってみたいけど、「体が硬くても参加できるの?」「恥をかかない?」など心配している人もいます。

開脚フローヨガは、LAVAの強度設定では3.5と書いてあるので、何となく難しそうなイメージがありますよね。

でも実際には柔軟性が無い、つまり体の硬い人向けのレッスンなので、そんなに難しくはありません。


\今なら体験レッスン150円♪/

LAVAの開脚フローヨガのポーズの図解

ホットヨガLAVAの開脚フローヨガは、主に下半身を強化しながら、股関節の柔軟性をアップするためのレッスンになっています。

実際に行われるヨガのポーズを図解にして説明しますね。

スタジオやインストラクターさんによって、ポージングは異なるので、必ずしも同じポーズがあるとは限らないので、その点は注意してください。

開脚フローヨガの易しいポーズ

開脚フローヨガのレッスン序盤は、特に股関節周りの筋肉をほぐすポーズが中心となります。

普段の生活では徒歩やイスに座ることしかしないので、股関節周りの筋肉が緩んでいたり、衰えていたりしています。

普段動かさない方向に足を動かすことによって、股関節や太ももの筋肉を刺激して、まずはほぐしながら鍛えていきます。

とくに身体が柔らかくないとできないポーズでもないので簡単ですよ。

開脚フローヨガのちょっと難しいポーズ

開脚フローヨガのレッスン後半は、いよいよ股関節を伸ばす柔軟性をアップさせるポーズが増えてきます。

といっても、本当に開脚したりするような、体が特別柔らかくないとできないようなポーズはありません。

手で足をサポートしたり、重力の力を利用したり、徐々に股関節が柔らかくなるようなストレッチに近いポーズが多いです。

柔軟性を確認しよう

一通り開脚フローヨガのレッスンが終わったら、股関節が柔らかくなったか確認してみましょう。

写真のようにあぐらをかいて、上半身を倒して、胸を床に近づけるようにしてみてください。

できればレッスン前に確認して、レッスン後にどれくらい柔らかくなったか確認すると変化がわかりやすいです。

実際に1回レッスンを受けただけでも柔軟性はアップします。

ただ、すぐに元に戻るので、開脚フローヨガのレッスンは定期的に受講して、身体が硬く戻らないように維持しましょう。


\今なら体験レッスン150円♪/

LAVAの開脚フローヨガは初心者に向いている

ホットヨガLAVAの開脚フローヨガは、上のポージングのイラストでもわかるように、実は初心者(体の硬い人)こそ向いています。

開脚フローヨガは「開脚ができる人」が受けるのではなく、「開脚をしたい人(できない人)」が受けるレッスンなのです。

すでに開脚などができる柔軟性が高い人は、ヨガの難しいポーズもできるので、上級者向けのレッスンを受けます。

逆に言えば、開脚ができる体の軟らかい人は、開脚フローヨガでは物足りないでしょうね。

ということで、開脚フローヨガを受けたいけど「体が硬くて恥をかくんじゃ・・・」と思っている人こそ、勇気をもって受けてみるといいですよ。

開脚フローヨガに参加するときの注意点

開脚フローヨガに参加するときの注意点としては、「無理をしない」ということが言えます。

体が硬いのに早く柔軟性をアップさせようとして無理をしてしまうと、股関節を痛めたりする可能性もあります。

柔軟性というのは、一夜漬けでできるものではなく、コツコツと継続することで、徐々にアップしていきます。

開脚フローヨガでポージングをしていて、変な痛みを感じたら、無理をせずに休むようにしてください。

ホットヨガLAVAの開脚フローヨガの効果

ホットヨガLAVAの開脚フローヨガはレッスンの回数を重ねるほど、柔軟性がアップしていきます。

ホットヨガの性質上、身体を温めながら行うので、筋肉をほぐしながら伸ばすことができるので効率も良いんです。

ただ、それでも普段から身体が柔らかい状態になるまでには時間がかかります。

時間はかかりますが、開脚ができるようになると、身体の変化が目に見えて実感してきますし、足の悩みや不調も改善されて嬉しいことがたくさん起こります。 だから、地道にコツコツとでも柔軟性をアップして、女性らしいしなやかなボディを手に入れましょう。

大きな大殿筋を鍛えて代謝アップ

開脚フローヨガで股関節が柔らかくなったり、足の筋肉が増えると血行が良くなって代謝も上がります。

股関節の周りには老廃物を通すリンパもありますし、太ももの大きな筋肉「大殿筋」もあります。

股関節が硬くなったり、太ももの筋肉が衰えるとリンパの流れも悪くなり、老廃物や水分が下半身に溜まりやすくなり、むくみや足のだるさなどが出ます。

ホットヨガLAVAの開脚フローヨガを継続して続けていくと、血行が良くなり柔軟性もアップして、足の不調を無くすことができますよ。

股関節の柔軟性アップでケガ知らず

スポーツ選手やアスリートも股関節のストレッチの重要性を説いています。

股関節が柔らかいというのは、足の可動域が広がるのでケガをしにくくなります。

また、血液の循環も良くなり、足が疲れにくく回復力もアップします。

さらに、デスクワークなどで腰痛がある人も股関節を柔らかくすることで腰痛予防をすることもできます。

開脚フローヨガは女性の足の悩みにとって、メリットがたくさんあるので、柔軟性と筋力アップに勤しんでください。


\今なら体験レッスン150円♪/