ホットヨガウェアの選び方


ホットヨガを始めたいけど、どんなウェアにすればいいのか悩むこともありますよね。

「普通のヨガと違うの?」「ホットヨガ専用じゃなきゃダメ?」など、わからないこともあると思います。

ホットヨガウェアを選ぶときには、「スポーツウェア素材」「露出は少ない方がいいことも」「節約するならGUスポーツ」のポイントを押さえておくと選ぶときに迷わずに済みますよ。

ホットヨガLAVAであれば、体験時には手ぶらでウェアもレンタルできるので、ウェアを揃えなくても大丈夫です。

体験ついでに周りの人のウェアを見てから決めるというのもアリですしね。


\今なら体験レッスン150円♪/

LAVAでのウェアのおすすめポイント1.綿はNG!スポーツウェアの素材が必須

ホットヨガウェアの素材


ホットヨガをすると100%汗をかきます。しかも尋常じゃないほどの汗をかきます。

だから、一般的な綿100%のTシャツは絶対NGです。綿は汗を吸いますが、速乾性がないので、濡れて重くなります。

さらに肌に貼りついて動きにくくなったり、肌が透けたりと最悪です。

ホットヨガウェアは、とくにヨガウェアである必要はありませんが、スポーツウェア素材でできているものが望ましいです。

「速乾性」「吸湿性」に優れていて、汗をかいてもすぐに蒸発してくれるものがベストです。素材としてはポリエステルなどの化学繊維ですね。

あとは、ヨガポーズは手足を伸ばす運動が多いので、伸縮性に優れているものを選ぶのも大事です。

LAVAでのウェアのおすすめポイント2.露出が少ない方がいい場合もある

ホットヨガウェアの露出度


ホットヨガウェアといえば、タンクトップなど露出が多いウェアをイメージしがちですよね。38度前後の室温で暑いんだから、露出が多い方がいいという理屈です。

しかし、実は露出している部分の汗は吸収されないので、そのままヨガマットに垂れたりして、滑りやすくなったり、不快感が出ることがあります。

また、汗がヨガマットに染みてしまうと臭いの原因になることもあります。

最近のスポーツウェア素材は伸縮性も優れているものも多いので、肩や腕、足を覆っても可動しやすくなっています。

おまけに速乾性や吸水性にも優れていて、通気性も良いので、むしろ長袖・長ズボンのほうが快適になることだってあります。

もちろん露出しているほうが気持ちいいという人もいるので、好みの問題ですが、必ずしも露出度の高いウェアが良いこということではないのです。

LAVAでのウェアのおすすめポイント3.節約するならGUスポーツがおすすめ

安いホットヨガウェア


ホットヨガのウェアを揃えるにはそれなりにお金がかかってしまいます。

さらに頻繁に通う場合は上下2セットも3セットも購入しなければならないので大変です。

そこでおすすめなのが、ファストファッションのGUのスポーツラインである「GUスポーツ」です。

GUスポーツは低価格ながら、スポーツウェアとしての速乾性や吸湿性の素材でできているので、ホットヨガウェアとして十分に機能します。

また、上下各1,000円前後と非常にコスパが良いので、2~3セット買っても1万円でおつりがきますよ。

デザインもシンプルなものから可愛いものまで、種類も豊富なので、とりあえずウェアに困ったらGUスポーツを覗いてみてください。

GUスポーツ【レディース】


\今なら体験レッスン150円♪/

LAVAのヨガウェアのレンタルと購入のコスパ

ヨガウェア

ホットヨガLAVAではヨガウェアのレンタルも行っています。

上下各400円という設定なので、上下揃えると1回800円かかります。

タオルのレンタルではマンスリーオプションがありましたが、ウェアではマンスリーオプションはありません。

これはホットヨガLAVAとしても、利用者がほとんどいないだろうと想定しているということでしょう。

ホットヨガをするときの服装は、特に決まりはないので、速乾機能のあるスポーツウェアの素材ならなんでも大丈夫です。

1着安いものなら上下で4,000円程度で揃いますから、レンタルで言えば5回分ですね。5回レンタルする金額でウェアが買えるなら、レンタルするのはコスパが悪いでしょう。

LAVAのヨガウェアの価格帯

ホットヨガLAVAの通販ではヨガウェアを購入することができます。

ウェアの価格帯は有名ブランドになると高いもので20,000円を超えるものもあります。安いものなら2,000円前後で購入できます。

ブランドのウェアはスポーツ用品店や、Amazon、楽天でも価格はほとんど変わらないので、好きなところで買えばいいと思います。

ただ、ノーブランドや低価格帯のメーカーのウェアは、価格競争があるので、ディスカウントショップで購入したほうが安くなります。

[ホットヨガLAVAウェア/おすすめ]ホットヨガとヨガのウェアの違い

「ホットヨガ」と「ヨガ」でウェアの違いというのは基本的にはありません。どちらも腕や足などの関節の可動域が広いので、手足が動きやすいというのがウェア選びの基本となります。

基本的には好きなウェアを着ればいいと思いますが、「ホットヨガ」と「ヨガ」の違いから、より向いているウェアというものはあります。

ホットヨガLAVAでのウェア

ホットヨガとヨガの最大の違いは汗をかくかどうかです。ホットヨガでは室温を38度前後の状態でヨガを行うので、大量の汗をかくのが特徴です。

その時に考えたいのはTシャツなど袖のあるものや、汗でベタベタになる綿のウェアの場合、布が身体に貼りついて動きにくくなるということがあります。

これはホットヨガをやるうえで、意外にうっとうしく感じてしまう部分なので、ウェアはなるべく袖なしで汗を発散しない素材のものは避けたほうがいいと思います。ランニングウェアやトレーニングウェアなどに使用されているナイロンポリウレタンなどの汗を蒸発させやすい素材がいいでしょう。

具体的には以下のようなスタイルがホットヨガには合っていると思います。

ホットヨガウェア1ホットヨガウェア2ホットヨガウェア3ホットヨガウェア4ホットヨガウェア5ホットヨガウェア6


[ヨガ・フィットネス]欲しいウェア必ず見つかる♪【Puravida!】 より

一般的なヨガのウェア[LAVA]

普通のヨガの場合は逆に室温はエアコンで調整されている場合もありますが、冬などは身体が結構冷えた状態から始めるということもあります。

だから、特に女性であれば肩を冷やさないようにするウェアや、足を冷やさないような長パンツスタイルがいいと思います。

ホットヨガのように汗を大量にかくわけではないので、綿のTシャツでもいいですし、どちらかというとリラックスしたり呼吸を整えるという目的なので、着心地がいいものということを重視すればいいと思います。

具体的には以下のようなウェアがいいと思います。

ヨガウェア1ヨガウェア2ヨガウェア3ヨガウェア4ヨガウェア5ヨガウェア6


[ヨガ・フィットネス]欲しいウェア必ず見つかる♪【Puravida!】 より

[ホットヨガLAVAウェア/おすすめ]トップス選び

トップス

ホットヨガをするうえでの楽しみの一つにウェア選びがあります。

やっぱり気にいった可愛いウェアでヨガをする事は楽しいですよね。

ホットヨガは室温と湿度が高いところでヨガをするので大量の汗をかきます。

だからウェア選びで重要なのは、通気性の良さと防臭効果、速乾素材ということがポイントです。

避けたいのは綿100%のTシャツのようなもので、汗を吸って重くなるし、肩のあたりに布が貼りついて動きにくくなります。

キャミソール型ウェア[ホットヨガLAVA/トップス]

キャミソールタイプのウェアは肩の可動域に布が当たらないので腕が動かしやすくオススメです。

デザインもドレープがあったり、クロスストラップがあったりと女性らしい可愛いものが多いので選択肢も増えます。

素材的にはポリエステルやレーヨンなどのスポーツウェアによくある素材を選びましょう。

Tシャツ型ウェア[ホットヨガLAVA/トップス]

袖のあるタイプのウェアは腕回りをあまり見られたくない人にオススメです。

肩周りが動きやすいものを選ぶというのがポイントで、伸縮性や速乾性をポイントに選ぶといいでしょう。

スポーツウェアなどで代用もできます。

タンクトップ型ウェア[ホットヨガLAVA/トップス]

ボディラインをシャープに見せつつ、露出もそこまで多くないのがタンクトップタイプです。

ホットヨガで一番よく着られているのがこのタイプではないでしょうか。

カップ付きのものを選ぶとバストの形もキープできるのでボディラインがキレイに見えます。

ブラトップ型ウェア[ホットヨガLAVA/トップス]

ブラトップ型のウェアは露出が大きいのでカラダに自信がある人向けかもしれません。

カップが入っているので、バストをしっかりとホールドしてくれます。

動きやすさも抜群で、ホットヨガ上級者になったら着てみたいウェアの一つです。

ロング丈のウェア[ホットヨガLAVA/トップス]

ボディラインに自信がない人はロング丈のウェアを選ぶと腰回りなどが目立たなくていいと思います。

[ホットヨガLAVAウェア/おすすめ]ボトムス選び

ボトムス

ホットヨガでボトムス選びというのは結構重要です。

脚を伸ばしたり、開いたりするので、動きやすものを選びましょう。

ホットヨガは大量の汗をかくものなので、ボトムスにおいても速乾性というのが大事なポイントです。

さらに動きやすさも重要なので、伸縮性がある素材がいいでしょう。

そうなるとスポーツウェアに使用されているようなポリエステルやレーヨンなどがおすすめになります。

ボトムスは大きく分けてぴったりとしたレギンスタイプと、だぼついたサルエルパンツタイプの2種類に分かれます。

アラジンパンツ[ホットヨガLAVAウェア/ボトムス]

ヨガをやるならワードローブに一つは欲しいのがアラジンパンツです。

ヒップ下からストレートに落ちるシルエットで足をまっすぐに見せる効果があります。

細すぎず太すぎずなので、脚の太さが気になっている人は隠せていいと思います。

大人っぽいオリエンタルな雰囲気を演出できます。

レギンス[ホットヨガLAVAウェア/ボトムス]

ホットヨガで一番見かけるのは定番のレギンスタイプです。

伸縮性とフィット感があり、とても動きやすいです。

太ももやお腹回りを見せたくない場合はホットパンツやスカートなどを重ね着すればいいでしょう。

ボクサーショーツ、ホットパンツ[ホットヨガLAVAウェア/ボトムス]

丈の短いボクサーショーツはフィット感もありつつ、動きやすさも十分です。

レギンスとのレイヤードで使ってもいいし、一枚だけでもウェアとして使えます。

その場合はインナーショーツをはいたほうがいいですね。

サルエルパンツ[ホットヨガLAVAウェア/ボトムス]

フルレングスのサルエルパンツは体型も隠せて動きやすくて人気です。

股下が深くなっているのが特徴で、可動域が大きくストレスがありません。

[ホットヨガLAVAウェア/おすすめ]ヨガマットやヨガラグを選ぶポイント

ヨガとマット

ホットヨガをする上で他の人と差別化したいのはヨガマットです。

ヨガスタジオなどでレンタルできることもありますが、汗をかくのであまり他人の使ったマットをそのまま使いたくないという人もいるでしょう。

そんなヨガマットのポイントをご紹介します。

 

ヨガマット

ヨガマットの役割は硬い床と身体の間に敷いてクッションの役割をするというものです。

選ぶときのポイントは厚みと滑りにくさということがあります。

ヨガマットの厚みに関しては、厚いとクッション性が高まるので、床の硬さを感じにくくなっていいのですが、持ち運びになると重たくなります。

逆に薄いヨガマットだとクッション性が低くなるので、床の硬さを感じてしまうかもしれません。

ヨガマットの裏面にも注目してください。ホットヨガ自体はあまり激しい動きは無いのですが、プログラムによっては動きが大きいものもあるので、滑りにくいものを選びたいものです。

 

ヨガラグ

ヨガマットを持っていくのはかさばるし面倒だという人はヨガラグという選択肢もあります。

ヨガラグというのはヨガマットの上に敷いて、汗を吸収させマットの上で滑らないようにするというものです。

マイクロファイバーでできているものが多く、吸水性と速乾性に優れていて、折りたたむとコンパクトにまとまるので持ち運びも便利です。

起毛素材のものが多いので、ツルツル滑ることもなく、クッション性もいいです。

さらにいろんなデザインがあるので、レンタルのヨガマットでも自分好みにカスタマイズできます。

ホットヨガグッズ[LAVA]

ヨガグッズ

ホットヨガをするにあたって、ウェアのほかにいろいろな用途のグッズもあります。

意外に知られていないものも多いので紹介してみます。

 

プロップス(ヨガブロック)

プロップスというのはヨガブロックのことで、ヨガのポーズをするときの補助として使用するものです。

特にヨガ初心者の人が使用することが多く、腰かけたり、手をかけたりして身体の安定をサポートします。

個人的に持つ人は少なくたいていヨガスタジオなどに常備されています。

 

ヨガベルト・ヨガストラップ

ヨガベルトはヨガポーズをするときに手足を伸ばす補助をする役割をします。

例えば身体がまだ硬い場合にはヨガベルトを足にかけて引き寄せるというような使い方をします。

 

ヨガソックス

ヨガの時に使用するソックス(靴下)で、ヨガベルトとの擦れや足裏の汗の吸収に使用します。

足の裏は意外に汗をかきやすく、ヨガマットの上で滑ることもあるのでソックスを使用するのは危険防止にもなります。

 

ヘアバンド

ホットヨガは汗をたくさんかくので、額から汗が垂れてくることもあります。

ヘアバンドをしていれば汗を吸収して垂れるのを防げますし、髪の毛をまとめることもできます。

 

ヨガグローブ

指の部分があいた手袋のような感じで、手のひら部分に滑り止めが付いているのでヨガポーズの安定性が増します。

 

ヨガ手帳

ヨガを習慣にしている人のための手帳です。ヨガの呼吸法や瞑想法などの用語があったり、ヨガポーズのイラストがあったりと、ヨガと生活を共にしている人にピッタリの手帳です。


\今なら体験レッスン150円♪/