ホットヨガLAVAのむくみと冷えの改善


ホットヨガに通うとすぐに実感できることに「むくみ」や「冷え」の改善があります。

レッスン翌日には明らかに顔や足のむくみが無くなり、スッキリとした気持ちで一日が過ごせます。

むくみや冷えは冬など特に気温が低い時に起こりやすいですが、仕事をしていれば夏でも冷房などの冷やしすぎでも起こってしまいます。

立ち仕事やデスクワークでは特にむくみが顕著に現れますが、なかなか取れないですよね。

でも、ホットヨガなら1回60分のレッスンに参加するだけで、冷えやむくみはスッキリと解消できますよ。

理由は「発汗による代謝促進」「体温を上げて血流促進」「全身運動によるポンプ機能のアップ」ということがあげられます。

ホットヨガは女性の身体の悩みのほとんどを改善してくれます。ジムなんかよりよっぽど有意義で気持ちいいですよ。


\今なら体験レッスン150円♪/

[ホットヨガ/むくみと冷え]発汗による代謝促進

発汗による代謝促進


むくみの大きな原因は、身体の水分がうまく代謝されず、重力によって足のほうに滞ってしまい、足が張ってしまうからです。

これを「水滞」と呼びますが、水滞が起こるのは冷えにも原因があります。身体が冷えると血流が悪くなるので、リンパや血管が水分をうまく代謝できないからです。

ホットヨガは、38℃前後の温かい部屋でヨガを行います。これは半身浴を長時間行っているのと同じように、身体を芯まで温めてくれます。

そして、身体中の毛穴から発汗して大量の汗をかくことで、水分の代謝を促進します。

汗は体内の余分な老廃物も一緒に出してくれるので、デトックスにもなります。もちろん、ホットヨガ中は水分補給も大事になるので、水分をまた体内に入れることで水分の循環・めぐりが良くなるわけです。

溜まっていた水分が体外に放出されて、新しく補給した水分が全身をめぐるので、水分量が満遍なく身体をめぐりむくみや冷えを予防できます。

[ホットヨガ/むくみと冷え]体温を上げて血流促進

体温を上げて血流促進


冬の寒さや夏の強すぎる冷房などで身体が冷えるとむくみやすくなりますよね。

身体が冷えると、内臓などの臓器の活動も弱まり、血流も滞ってしまいます。血流が滞ると身体の水分がうまく循環せず、水滞が起こり、足などがむくんできます。

また、アルコールの摂りすぎや塩分の摂りすぎで起きる顔のむくみも、結局はアルコールや塩分を代謝しにくくなっている臓器の弱まりが原因です。

これらの冷えやむくみを解消するには、身体の血流を促進して、細胞や臓器を活性化させる必要があります。

ホットヨガは38℃前後の温かい部屋でエクササイズをしますが、これは全身の体温を上げて、血流を促進してくれます。

血流が良くなると、末端の細胞まで毛細血管から栄養が届きやすくなり、細胞が活性化して臓器の働きも良くなります。

そうすると、身体の水分の代謝も上がるし、塩分やアルコールの分解能力もアップするので、むくみや冷えが改善されます。

[ホットヨガ/むくみと冷え]全身運動で筋肉のポンプ機能アップ

全身運動で筋肉のポンプ機能アップ


身体が冷えると血流が滞り、水分などが足や顔に溜まりむくみが起こります。

ホットヨガで身体を温めると、血流が良くなって、発汗作用もあるので、代謝が上がり、臓器や細胞も活性化されむくみや冷えの改善につながります。

さらにホットヨガは温めるだけじゃなく、さまざまなヨガポーズを行うことにより、筋肉やインナーマッスルを鍛えて、リンパや血流のポンプ機能をアップすることができます。

ダイエットや健康には「適度な運動」が良いと言われていますが、これは運動することによってポンプ機能をアップして、基礎代謝をあげて臓器の働きを活発にしたり、細胞を活性化させたりするからです。

ホットヨガは普段使わない筋肉を伸ばしたり鍛えることによって、全身の細胞を刺激して、血流を改善し身体のめぐりを良くしてくれます。

 

つまり、ホットヨガは発汗によって水分を循環させ、体温を上げて血流を促進し、運動することでポンプ機能を強化できるという大きな3つの作用によって、女性の悩みに多い「冷え」や「むくみ」を改善することができるのです。


\今なら体験レッスン150円♪/

[ホットヨガ]顔や足のむくみの原因

夕方足のむくみでブーツや靴が入らなかったり、朝起きたら顔がむくんだりすると辛いですよね。

むくみは女性に多い悩みの一つですが、原因は身体の水分の滞りにあります。

まずは自身がむくみやすい身体になっていないか、以下のチェック項目で確認してください。3つ以上当てはまればむくみやすくなっている可能性が高いですよ。

  • 水分は摂っているがトイレの回数は少ない
  • 靴下や下着などのゴムの跡が戻りにくい
  • 夕方になると靴がきつくなる
  • 手の指先や足の指先が冷たくなりやすい
  • お腹にタプタプと水が溜まっている感じがする
  • 落ち込みやすい
  • くもりや雨の日に体調をくずしやすい

むくみが気になる人は、ホットヨガを始めてみることをおすすめします。

ホットヨガLAVAでは体験レッスンも行っているので、体験するだけでも翌日にはむくみが解消されていることを実感できます。そして、継続すると体質改善されてむくみや冷え知らずの身体になっていきますよ。


\今なら体験レッスン150円♪/

むくみは水分バランスの乱れから起こる[ホットヨガ]

むくみの最も根本的な原因は、身体の中の水分バランスが崩れているということです。

人間の身体は約60%が水分でできています。そのうち3分の2は、細胞内液で細胞の中に含まれています。残りは細胞外液といって、血液中にある水分や、細胞と細胞の間を満たしている水分になります。

身体の中の水分は、細胞に栄養を送ったり、老廃物を排出したりしてくれています。細胞や血管の中を循環することで代謝を促しているわけです。

健康的な身体であれば、血流が身体の隅々まで行きわたり、同時に水分も全身にバランスよくめぐります。

しかし、冷えや運動不足、同じ姿勢を続けることによって、血流が滞り、水分が重力によって下半身に溜まっていくことになります。

そうすると足に水分が多くなっていき、むくんでしまいます。さらに一度むくんでしまうと、水分が血管やリンパ管を圧迫して、さらに血流などが悪くなり、冷えや身体の不調につながります。

ホットヨガを行うとまず身体が温まり、血流が良くなります。加えて発汗作用によって、水分が代謝されて、水分補給によって新鮮な水が循環します。

さらに、ヨガポーズで身体の筋肉を適度に動かすことによって、筋肉による血流のポンプ機能を活性化してめぐりがよくなり、むくみや冷えの改善につながります。

むくみは塩分の摂りすぎで起こる[ホットヨガ]

身体のむくみの原因は水分量にありますが、その水分量を増減させる要因に「塩分」も関係しています。

人間の身体には塩分が必要ですが、厚生労働省が推奨する1日あたりの食塩摂取量は、男性で8g未満、女性で7g未満となっています。

食塩摂取量の平均値は 9.9 g であり、男女別にみると男性 10.8 g、女性 9.1 g である。
ー引用:平成29年度国民栄養調査|厚生労働省

しかし、実際には上記のように推奨量より多く摂っているのが現実です。

とくに外食が多い人やコンビニ弁当などをよく利用する人は、平均よりも多く摂取している可能性が高いです。

人間の身体は塩分濃度を一定に保とうとする機能があります。塩分を多く摂取すると、塩分濃度を下げようと、体内に水分をため込んでしまいます。

むくみは水分が溜まっていくことですから、塩分を過剰に摂取するとそれだけ身体が水分をため込むことになり、むくみがよりひどくなります。

ホットヨガでは、発汗作用によって身体の塩分を汗と一緒に代謝してくれるので、水分をためこむことなく塩分濃度を下げる効果があり、むくみにくい身体を作ってくれます。

むくみはアルコールの摂りすぎで起こる[ホットヨガ]

お酒を飲みすぎた翌日に顔がパンパンにむくんでしまったという経験がある人もいるでしょう。

お酒を飲んだ翌朝は顔がむくみやすくなります。これは、血液中のアルコール濃度が高くなり、血管が拡張することで、血管から水分が漏れ出すのが原因です。

また、お酒に含まれるアルコールを肝臓で分解するときに水が必要になるので、身体は水分を欲します。さらにアルコールには利尿作用があるので、水分が代謝されやすくなり、身体はさらに水分を欲しがります。

そんな時に水分を排泄を上回る量を飲んでしまうと、身体の水分量が増加しむくみが起こります。また、お酒を飲むときに食べるおつまみなどは塩分濃度が濃いものが多いので、身体の塩分濃度を下げようと水分を身体にため込んでしまうことも重なって、むくみが増長されることもあります。

アルコールが入った状態でホットヨガをすることはできませんが、ホットヨガを継続して代謝しやすい身体を作っておくと、むくみにくくはなります。

それよりは単純にお酒を飲みすぎないように注意することも大切です。

むくみは月経周期やホルモンバランスの乱れで起こる[ホットヨガ]

女性の場合は生理前症候群(PMS)のとき、つまり生理開始の4~5日前から、顔や足がむくみやすくなることがあります。

むくむかどうかは個人差がありますが、原因は身体に水分をため込む「黄体ホルモン」が生理前に増えることです。

月経周期によるホルモンバランスの乱れによるむくみは一時的なもので、生理が終われば正常にもどります。逆に言えば、どうしようもない生理現象なので、ホットヨガをしようがしまいが関係ないと言えます。

ただ、運動不足や睡眠不足、ストレスなどが原因でホルモンバランスが乱れやすくなることもあるので、ホットヨガを継続することで身体を健康的に保てば多少は緩和される可能性はあります。

[ホットヨガ/冷え]体が冷える原因

「手足が常に冷たい」「むくみがひどい」などは冷え性の典型的な例です。女性はとくに「冷え」に悩んでいる人が多いですよね。

身体が冷える原因は大きく3つあります。

 

熱が作れない

体内で熱が発生するにはカロリーを消費しなければいけません。脂肪燃焼の「燃焼」が熱いイメージの言葉なのは、偶然ではありません。

身体でエネルギーを使用するときには、熱が生まれます。だから運動すると身体が温かくなるわけですね。

人間の身体はとくに運動をしなくても、基礎代謝によってエネルギーを消費しています。基礎代謝は筋肉が多いほど大きくなるので、筋肉量が多い人は体に熱を作りやすいということになります。

体重に対して男性の筋肉量は約40%で、女性は約36%です。必然的に女性の方が筋肉量が少ないので、冷え性が多いというわけです。

ホットヨガは有酸素運動にもなるので、身体が温まり熱を生み出します。また、インナーマッスルを鍛えて筋肉量も増やすので、基礎代謝を上げてくれる効果も期待できます。だからホットヨガは冷えの予防になるのです。

 

熱が循環しない

身体が冷えてくると細胞や臓器の機能が低下してきます。血流の流れも悪くなるので、熱が全身に届かなくなります。

手足の先が冷えやすいのは、血液を送るポンプである心臓から最も遠い場所にあるからです。

血流が悪くなるのは、単純に冷えた場合もありますが、自律神経の乱れや、エアコンが効いた部屋を行き来して寒暖差で血管が収縮したり拡張したりすることでも起こります。

また、食べ過ぎによって血液が消化のために胃腸に集まり、筋肉や他の臓器に血液供給が減少することも冷えの原因になります。

ホットヨガは38℃前後の温かい部屋でヨガポーズを作って身体を動かすので、筋肉を鍛えてポンプ機能をアップし、血流も良くしてくれます。

血流が良くなれば、細胞や臓器も活性化され、栄養や熱が身体の隅々まで行き渡り健康的な身体を維持することができます。

 

熱が逃げてしまう

冷えの原因には「熱が逃げやすい」というのもあります。むくみの原因となる水分を身体にため込むと、水分によって体が冷えやすくなります。

健康的に汗をかいたり、排尿して、身体の水分量が適切に保っていれば、身体の水分は循環して余計な水分が身体に溜まることはありません。

運動不足や身体が冷えて汗が出てなかったり、臓器が弱って排尿しなかったら、身体に水分が溜まって体温が下がりやすくなります。

ホットヨガは発汗を促して、汗により塩分や老廃物を排出して、新たに水分補給をすることによって体に水分を循環させます。

また、身体が温まることで臓器の動きも活発になり、排便などもスムーズになり、水分が身体に滞ることがありません。

 

ホットヨガは、身体を温める、発汗する、筋肉を鍛える、ということを同時に行うことができるので、女性にとっての健康維持や美肌、ダイエットなどさまざまな面でメリットがあります。

ホットヨガLAVAなら全国での店舗数も最も多く、体験レッスンも常に行っているので、一度試してみると効果を実感できますよ。


\今なら体験レッスン150円♪/