ホットヨガLAVAのコスパと初期費用

ホットヨガLAVAに通いたいけど、初期費用ってどれくらいかかるの?

そんな疑問にお答えするために、私の経験からお得に始めるための方法をご紹介します。

ポイントはいかに安く道具を揃えるかということになりますね。

初期費用のコスパポイント1.体験レッスンで1万円お得

まず、お得に始める最低条件としては、体験レッスンを受けてから入会するということです。

自分が通いたいホットヨガLAVAの店舗で体験レッスンをして、レッスン後に入会をすると、入会金+登録料の1万円が無料になります。

このキャンペーンは年中行っているので、利用しない手はありません。

しかし、注意事項として、体験レッスンは1回しか受けられないので、体験する前に入会の決意をしておくことをおすすめします。

そして、体験してみて苦しかったり、つまらなかった場合は、ホットヨガを二度としないでしょうから、その時は入会しなければいいだけです。

こちらから近くのLAVA店舗で体験レッスンを予約しよう

初期費用のコスパポイント2.ウェアはGUで十分

GUのヨガウェア

ホットヨガを始めるのにヨガウェアは必需品です。

体験レッスンの時にはレンタルが無料なので、レンタルウェアで行っても構いませんが、通うとなったらレンタルウェアはコスパが悪いです。

ヨガウェアは検索してみるとわかりますが、高いものもあれば安いものもあります。

私のおすすめはGUの「GUスポーツ」というラインです。GUスポーツの商品はスポーツウェアとして設計されていて、速乾性と伸縮性が優れていて、ホットヨガをする際にも使えます。

何より上下各1,000円前後で購入できるのが魅力的です。デザインも豊富にありますし、とりあえず揃えるならGUで十分です。

GUスポーツを見てみる

LAVAのレンタルウエアはこちら

初期費用のコスパポイント3.スターターセットは買わない

ホットヨガLAVAの体験レッスンに行くと、ヨガマットなどがセットになった「スターターセット」を勧められます。

通うなら最低限の道具は揃えないとと、私もまんまと購入してしまったのですが、よく考えたら非常に割高でした。

スターターセットには「ヨガマット」「ヨガラグ」「消臭スプレー」「マット収納バッグ」の4点がセットになっています。

ヨガマットはAmazonで2,000円以下で収納バッグ付きで購入できますし、ヨガラグはバスタオルで十分、消臭スプレーもファブリーズでよかったです。

ということで、これらのポイントを覚えておけば初期費用はかなり抑えられると思います。



[ホットヨガLAVA/コスパ]入会金や登録料は事務手続きのためにある

ホットヨガLAVAでは、体験レッスンをすると入会金や登録料が無料になるキャンペーンを行っています。

スポーツジムなどの習い事をするときに、初期費用としてかかる「入会金」や「登録料」というのは必要なのか疑問ですよね。

入会金や登録料の役割としては以下のような考え方があります。

  • 会員証や入会パンフ・書類などの物理的な実費
  • 口座振替手続きなど事務処理にかかる費用
  • 上記を行うスタッフの人件費
  • スタジオの設備管理費用や維持費に充てる
  • 広告費用などに充てられる
  • 入会金無料というお得感を演出

これらは一般的な考え方で、ホットヨガLAVAがそうであるということではありません。

ただ、ホットヨガLAVAの場合は、体験レッスンを受ければこれらは無料になるので良心的と言えます。

[ホットヨガLAVA/コスパ]最適な月会費プランの選び方

ホットヨガLAVAの料金プランは少し独特なスタイルをしています。

一つ目は、店舗ごとに料金が異なっているということです。これは地価によって決められていると思いますが、都心部のほうが高めの設定になっています。

二つ目は、2店舗選んで通えるということです。例えば自宅近くのLAVAと、職場近くのLAVAを選択すると、その都度行きやすい方に通えるというわけです。(一部プランを除く)

プラン名 料金(税込)
マンスリーメンバー・4 6,300円~10,300円
マンスリーメンバー・ライトフルタイム 7,300円~15,300円
マンスリーメンバー・ライトデイタイム 6,300円~13,300円
マンスリーメンバー・フリーフルタイム 16,300円

関連記事:ホットヨガLAVAの評判まとめ

マンスリーメンバー・4のコスパ

マンスリーメンバー・4というプランは、通いたい一つの店舗を選択して、月に4回(4レッスン)利用できるプランです。

マンスリーメンバー・4で一番安い料金は6,300円で、高い料金は10,300円です。一番多い価格帯は8,300円です。

月に4回しか利用できないので、1レッスンあたりの料金を計算すると、

マンスリーメンバー・4 1レッスンあたりの価格
6,300円の店舗 1,575円
8,300円の店舗 2,075円
10,300円の店舗 2,575円

一番安い店舗でも1,575円となるので、やや割高な印象があります。一番高い店舗だと2,575円ですからコスパがいいとは言えません。

ただ、ストアカなどの単発のヨガ教室などは1,500円~2,500円くらいしますから、実はそこまで高いわけではないんですよ。

参考:ストアカ(ヨガで検索)

マンスリーメンバー・ライトフルタイムとライトデイタイムのコスパ

マンスリーメンバー・ライトには「フルタイム」と「デイタイム」の2つのプランがあります。

「フルタイム」は登録した2店舗に、すべての営業時間内で利用できるプランです。

「デイタイム」は登録した2店舗に、平日のみの利用で、時間も17時までと制限付きのプランになります。

フルタイムの料金は店舗ごとに異なり、7,300円~15,300円と幅があります。平均的に多い料金は11,300円です。

デイタイムの料金も店舗ごとで異なり、6,300円~13,300円と幅があります。平均的に多い料金は13,300円です。

それぞれのプランで通う頻度ごとの1レッスンあたりの料金を計算すると、

デイタイム(11,300円) フルタイム(13,300円)
週1回(月4回) 2,825円 3,325円
週2回(月8回) 1,413円 1,663円
週3回(月12回) 942円 1,108円
週4回(月16回) 706円 831円
週5回(月20回) 565円 665円
週6回(月24回) 471円 554円
毎日(月31回) 365円 429円

週に1回しか通わないと1レッスンあたりの料金が3,000円弱にもなるのでコスパは相当悪いです。

週2回通うとすると、1レッスンが1,500円前後なので、ホットヨガとしては適正価格じゃないでしょうか。

ということで、週2回以上通うことができるのであれば、マンスリーメンバーライトはかなりコスパが良くなります。

マンスリーメンバー・フリーのコスパ

ホットヨガLAVAの最上級のプランである「マンスリーメンバー・フリー」は、なんと、全国400以上ある店舗のどこでも通い放題という内容になっています。

全国の店舗に通えるので料金は一律で16,300円となっています。

さらに、1日に2レッスンまで受けることができるので、朝レッスンして、仕事終わりの夜レッスンを受けたりということも可能です。

通う頻度とコスパを計算してみると、

1日1レッスン 1日2レッスン
週1回(月4回) 4,075円 2,038円
週2回(月8回) 2,038円 1,019円
週3回(月12回) 1,358円 679円
週4回(月16回) 1,019円 509円
週5回(月20回) 815円 408円
週6回(月24回) 679円 340円
毎日(月31回) 526円 263円

意外にも週1回、1日2レッスン受ければ、1レッスンあたりの料金は2,000円程度になるので、結構お得なんです。

週2回以上受けることができるのであれば、マンスリーメンバー・フリーでも十分コスパは良いでしょう。

しかも、生活導線にホットヨガLAVAの店舗がいくつもあるのであれば、店舗に縛られないフリープランはかなり有効です。

また、東京都心部など店舗が密集していて、マンスリーメンバー・ライトの料金が高い場合も、フリープランのほうがコスパが良くなります。



ホットヨガLAVAでレンタルと購入はどっちがコスパがいいか

ホットヨガLAVAのレンタル料金

ホットヨガLAVAに通うにあたって、ウエアやヨガマットなどの道具も必要になってきます。

これらの道具は荷物になってかさばるので、ホットヨガLAVAではレンタルのサービスも有料で行っています。

レンタルするメリットはやはり荷物が少なくなることですよね。仕事帰りに行く場合は、マットなどかさばるものは極力持っていきたくないですからね。

レンタルのデメリットは、お金がかかることと、デザインが選べないこと、あとは臭いなどが気になるという点があります。

【レンタルできるもの】

  • バスタオル・フェイスタオル
  • ヨガマット(無料)
  • ヨガウエア(上下)
  • ヨガラグ
  • レッスンセット(上記をまとめたもの)

バスタオル・フェイスタオルのレンタルと購入のコスパ

バスタオルはシャワーで身体を拭くときに使います。フェイスタオルはレッスン中の汗をぬぐうのに使用します。

レンタルは月額で1レッスン1枚借りられる「バスタオルオプションマンスリー」と、単品で都度レンタルする方法があります。

品目 レンタル料金
バスタオル借り放題 月額500円
バスタオル 200円
フェイスタオル 100円

月に3回以上バスタオルをレンタルするなら、月額を払ったほうがコスパは良くなります。

洗っているとはいえ、他人の使ったタオルを使うのが嫌だという人が多いのか、持参している人が多い印象です。

どうしても荷物が多くて困るという人は、レンタルを検討してみてはいかがでしょうか。

ヨガウェアのレンタルと購入のコスパ

ヨガウェア

ホットヨガLAVAではヨガウェアのレンタルも行っています。

上下各400円という設定なので、上下揃えると1回800円かかります。

タオルのレンタルではマンスリーオプションがありましたが、ウェアではマンスリーオプションはありません。

これはホットヨガLAVAとしても、利用者がほとんどいないだろうと想定しているということでしょう。

ホットヨガをするときの服装は、特に決まりはないので、速乾機能のあるスポーツウェアの素材ならなんでも大丈夫です。

1着安いものなら上下で4,000円程度で揃いますから、レンタルで言えば5回分ですね。5回レンタルする金額でウェアが買えるなら、レンタルするのはコスパが悪いでしょう。

ヨガラグのレンタルと購入のコスパ

ホットヨガは汗をかくのでヨガマットに滴り落ちると滑ったりするので危険です。それを回避するために、汗を吸収するためのヨガラグをヨガマットの上に敷きます。

ヨガラグは専用のものも販売されていますが、大きめのバスタオルでも代用できます。

ですが、ホットヨガLAVAでヨガラグをレンタルすると、バスタオルレンタルより高い300円になります。

Amazonでヨガラグを検索してみると、安いものなら1,500円前後で購入できますから、これも借りるよりも買ったほうがコスパは良いですね。

ただ、バスタオル同様荷物としてはかさばるものなので、レンタルを利用するのもありです。

レッスンセットのコスパ

ホットヨガLAVAでは手ぶらでレッスンが受けられるように、レッスンに必要なものをまとめてレンタルできるセットの用意されています。

レッスンセットには2種類あって、バスタオル・フェイスタオル・水1リットル・ウェア上下の4点セット(600円)と、ヨガラグをプラスした5点セット(800円)があります。

個々にレンタルすると1,340円かかるところが、600円でレンタルできるのはかなりお得だと言えます。

ただ、こちらのセットはどちらかと言えばマンスリーメンバー・フリーの人が、出先でホットヨガLAVAに行きたくなった時に手ぶらで利用できるように準備されていると考えるほうがいいでしょう。

普段使いでレンタルするにはやはりコスパは悪いと言えます。

LAVAのミネラルウォーターのレンタルと購入のコスパ

ホットヨガをするには飲料水は必須です。少なくとも1レッスンあたり1リットルは無いと脱水等を起こす可能性もあります。

LAVAの店舗でもミネラルウォーターは販売されていて、1リットルが240円、500mlが140円となっています。

コンビニやスーパーで同じ容量のペットボトルを買うほうが安いので、持っていくのが面倒な人や、荷物が重くなるのが嫌な場合は買ってもいいかもしれません。

私は自宅の浄水器から出る水を水筒に入れて持っていってるので、実質タダです。

それかマンスリーオプションの水素水を契約して、レッスン前にボトルに入れれば荷物は軽くなるでしょう。

[ホットヨガLAVA/コスパ]キャンペーンや割引の種類

ホットヨガLAVAに新規入会する際に、キャンペーンを利用するとお得になります。

年中行っている体験レッスンによる入会金無料キャンペーンでは、入会金と登録料の10,000円が無料になります。

私が入会した時にはちょうどスタートキャンペーンというものが行われていて、3ヵ月間の月会費が3,100円になるキャンペーンをやっていました。

通常15,300円かかるマンスリーメンバー・フリーが、3ヵ月間は3,100円で利用できるとあって、すぐに飛びつきました。

キャンペーンが今行われているかどうかは以下のページよりご確認ください。

ホットヨガLAVAのキャンペーンを確認する

ホットヨガLAVAの学割キャンペーンは約半額お得

学割キャンペーンは学生を対象としたキャンペーンになります。

月に4回のレッスンが受けられるマンスリーメンバー4のプランが約半額になります。

この価格は学生生活が終了、つまり卒業するまで継続されるのでかなりお得なものになります。

例えば渋谷店で大学1年生の時に入会したとすると、通常10,300円の月会費が5,100円と半額以下になります。

1年間だと通常価格は123,600円、学割なら61,200円ですから、62,400円もお得になります。

1レッスンあたりの料金も1,275円なので、コスパもいいですよね。

ちなみに学割キャンペーンは限られた店舗でのものになるのでご注意ください。

ホットヨガLAVAの友達紹介キャンペーンの商品券でお買い物

ホットヨガLAVAではお友達を誘って入会させると、お友達と自分の両方に商品券がもらえます。

2,000円分の商品券がもらえて、ホットヨガLAVAの店舗およびオンラインショップで利用することができます。

2,000円で買えるものは、ヨガベルトにヨガブロック、ヨギッシュ(消臭スプレー)などがあります。

もちろん2,000円以上のものを購入した場合には、2,000円割引で買えるようなものですから、相当お得ですよね。

ホットヨガに興味がある友達がいたら、ぜひ利用したいキャンペーンです。

継続キャンペーンを途中でやめた場合

ホットヨガLAVAの入会キャンペーンでは、3ヵ月間月会費が安くなるというものがあります。

非常にお得なんですが、途中退会をしてしまう場合、違約金ではないですが追加請求されるので注意が必要です。

例えば3ヵ月間割引キャンペーンの場合は、3ヵ月以降から9ヵ月の利用の約束が必要になります。つまり、1年間LAVAに通うということが条件になります。

ということは、1年以内に途中退会してしまうと割引されていた分の料金が違約金のような形で追加請求されます。

8,300円のプランが3ヵ月間3,100円になるとすると、3ヵ月で割り引かれる金額は15,600円です。

なので、このキャンペーンを利用して1年以内に退会すると、15,600円を支払わなければなりません。といっても、普通に通ってたら払っていたはずのお金なので、余計に払うわけではないですけどね。

[ホットヨガLAVA/コスパ]通販でヨガグッズを購入

ヨガマット通販

ホットヨガLAVAにはオンラインショップもあります。店舗でも物販は行っていますが、店舗に並べる数には限りがあるので、オンラインショップのほうが品数は豊富です。

通販サイトにはヨガウェアやヨガマットなどのヨガに関するグッズはもちろん、スキンケア用品やダイエットや美容に役立つサプリメント・美容ドリンクなど、女性の美に関する商品が取り揃えられています。

ホットヨガ初心者用のスターターキットも販売されているので、これから始める人にも便利です。

店舗の物販スペースは限りがあるので、選べるものが少ないですが、通販サイトなら種類はたくさん揃っているので、お気に入りが見つかりますよ。

また、オンラインショップは初回新規会員登録で500ptがもらえるので、いきなり500円オフで商品を購入できます。

さらに、友達紹介でもらった商品券もオンラインショップで使えるポイントに変換できるので、店舗で買うものが無くてもオンラインショップで使えます。

ホットヨガLAVAでしか売っていないオリジナルブランドのアイテムも多数あるので、他にはない商品を買うことができます。

一般的に売っているものの場合は、Amazonや楽天のほうが安いこともあります。

ヨガウェアの価格帯

ホットヨガLAVAの通販ではヨガウェアを購入することができます。

ウェアの価格帯は有名ブランドになると高いもので20,000円を超えるものもあります。安いものなら2,000円前後で購入できます。

ブランドのウェアはスポーツ用品店や、Amazon、楽天でも価格はほとんど変わらないので、好きなところで買えばいいと思います。

ただ、ノーブランドや低価格帯のメーカーのウェアは、価格競争があるので、ディスカウントショップで購入したほうが安くなります。

ヨガマットはAmazonや楽天のほうが安い

ホットヨガを始めるにあたってヨガマットを購入する人も多いですよね。

LAVAでもLAVAオリジナルのヨガマットが販売されていますが、4,300円とお値段は高めです。

正直ヨガマットはどんなものを買っても品質や使い心地に変わりはないので、Amazonや楽天で探せば1,500円くらいで、収納バッグ付きというものが売っています。

それで事足りるので、よっぽどLAVA愛がある人以外は、安いものを買う方が良いと思いますよ。