ホットヨガLAVAの退会

「レッスンに飽きてきた」「行く暇がなく忙しい」「月々の支払いがキツい」など、ホットヨガLAVAをどうしても辞めなければいけない、または辞めたい場合、解約手続きを取る必要があります。

その時の注意点は「早めに手続きする」「退会理由を明確にする」「違約金に注意」の3点を気を付けておきましょう。

この記事では、ホットヨガLAVAを退会するときの注意点や、退会の申請方法、休会の手順や復会の流れなど、手続きに関することを解説していきます。

ホットヨガLAVAを退会するときの注意1.早めに手続きしよう

ホットヨガLAVAの解約

ホットヨガLAVAを退会するときに注意したいポイントが、手続きをする日時です。

ホットヨガLAVAでは、退会したい月の前月15日までに手続きをしないと、希望した月に退会することができません。(15日が休館日の場合は14日まで)

例えば10月末に退会したい場合は、前月である9月15日までに退会手続きをする必要があります。9月16日以降に退会手続きをすると、最短で退会できるのは11月末となってしまいます。

なので、辞める意思を固めたらできるだけ早く手続きをするようにしましょう。

ホットヨガLAVAを退会するときの注意2.理由は引き留めにくいものにしよう

ホットヨガLAVAでは退会する手続きは、直接店頭で対面でのみ受付しています。

その時に「退会理由」を聞かれるのですが、理由によっては引き留められることもあり、結構めんどくさいです。

だから、嘘でもいいので引き留められにくい理由を言ったほうがスムーズに退会することができます。

【スムーズに退会できる理由】

  • お金がない(理由としては恥ずかしいと感じるかもしれませんが引き留めようがない)
  • 引っ越す(LAVAの店舗がないところに引っ越すと言えば引き留めようがない)
  • レッスンに飽きた(レッスンはそう簡単に増えないので引き留めようがない)

【引き留められる理由】

  • 忙しい、時間がない(行きたいけど時間が無いというニュアンスになりプランの変更など勧められる)
  • 痩せない(レッスンを見直しましょうという話になる)

要するに「本当はまだ続けたいんだけど」というニュアンスを理由に含んでしまうと引き留められやすくなります。

ホットヨガLAVAを退会するときの注意3.違約金がないか確認しよう

ホットヨガLAVAでは、月会費が何ヵ月かお得になる入会キャンペーンをたまに行っています。

ただ、このキャンペーンは「5ヵ月間の継続を約束」のような縛りがあることがほとんどです。

だから、キャンペーンを利用して入会し、2~3か月で退会する場合は、違約金が発生することを覚えておいてください。

ただ違約金と言っても、単純に月会費の割り引かれていた金額分を支払うというだけなので、特に法外な金額を請求されるわけではありません。

しかし、例えばあと1ヵ月継続すれば縛りが解けるという場合は、1ヵ月我慢してから退会したほうが、安く済む場合もあるのでよく確認しておきましょう。


\今なら体験レッスン150円♪/

ホットヨガLAVAを退会する前に考えたいこと

ホットヨガLAVAを退会する理由が「お金がない」などやむを得ない場合は仕方ないですが、「効果がなかった」という場合は少し考える必要があるかもしれません。

というのも、ホットヨガLAVAを退会してから、肌荒れしやすくなった、便秘ぎみになった、むくみやすくなったなどと感じる人もいるからです。

まずは、ホットヨガLAVAを始めてから自分の身体で良くなった点を考えてみましょう。

例えば痩せる目的でホットヨガを始めたのに痩せなかった場合、それでも肌の調子が良くなっていたり、便秘が改善されていたらどうでしょう?

退会することで肌や身体の調子はホットヨガをやる以前に戻る可能性もあります。退会するときは悪い点に注目しがちですが、良い点と天秤にかけて考えてみることをおすすめします。

ホットヨガLAVAの退会方法

ホットヨガLAVAの書類

解約希望月前月の15日(定休日と重なる場合は14日)までに会員証をご持参の上、ご登録メイン店舗でお手続きください。
(例:6月より解約希望の場合は5月15日までにご来店)
※コールセンターではお手続きを受け付けておりません。
※オプションマンスリー(水素水/マットキープ/バスタオル)も同様のお手続きが必要です。ー引用:ホットヨガLAVA

ホットヨガLAVAを退会するときには、コールセンター(電話)やWEBサイトからでは行うことができません。

必ず登録したメインの登録店舗に行き、対面で手続きをする必要があります。代理人も不可です。

まず、会員証とマンスリー証を持ってフロントで退会の旨を伝えます。そこで退会理由を伝えてアンケートや退会書類などの記入をして、店員が手続きをしてくれます。オプションを契約している場合はオプションの解除も手続きします。

15日までに手続きすれば翌月末退会、16日以降に手続きすれば翌々月末の退会となります。タイミングに注意してください。

ホットヨガLAVAの再入会方法

ホットヨガLAVAは退会しても、会員としての籍は残る「永久会員制」なので、あとで再入会も可能です。

だから会員証は捨てずにとっておきましょう。失くしてしまうと再発行手数料がかかります。

再入会時に必要なものは、登録金5,000円と開始月から2ヵ月分の月会費です。会員としての籍は残っているので入会金は不要になります。

再入会時にレッスンも受けたい場合は、事前に会員番号でレッスンを予約しておけば、すぐにレッスンを受けられます。

【再入会に必要なもの】

  • 本人確認書類(原本)
  • キャッシュカードか通帳のコピー
  • 金融機関届出印
  • 登録金(5000円)
  • 月会費2ヶ月分

ホットヨガLAVAは永久会員制なので、マンスリーコースを解約しても実は単発レッスンチケットを使えば、行きたいときに行けちゃいます。

レッスン1回券を購入して、レッスンを予約すれば受けられます。料金は店舗ごとに異なり1レッスン3,000円~です。

再入会キャンペーン

ホットヨガLAVAでは、一度退会した人のための再入会キャンペーンを不定期に行っています。

ホットヨガLAVAは退会しても会員としての籍は残っているので、メールマガジンを受信する設定にしていれば、再入会キャンペーンのお知らせが届きます。

再入会キャンペーンでは、もう一度体験レッスンを受けられたり、再登録料が無料になったり、再入会後の月会費が割引になったり(条件あり)、お得な特典が満載です。

再入会を検討している人は、再入会キャンペーンを狙うのもアリですよ。

[ホットヨガLAVA/退会]クーリングオフは適用されない

ホットヨガLAVAの契約はクーリングオフの対象になるかどうかですが、結論から言えばクーリングオフはできません。

クーリングオフは、訪問販売などか、一定のサービスを継続的に提供している場合にできます。エステサロンは対象のサービスですが、ホットヨガは、どんなものかによりますが、エステサロンのように、痩身などのために店側が施術をするというものとは違うと思われ、そうであれば、クーリングオフはできないと思います。

このようにホットヨガLAVAはあくまで自分で店舗に赴いて、自分から「やりたい」という意思をもって入会していることになるので、「強制されていない」という認識になります。

あくまでホットヨガを学ぶというスタイルであり、効果や効能を保証されたものでもないので、クーリングオフの対象にはならないというわけです。

ただし、体験レッスンを受けて断れずに入会してしまったという場合は、店舗に相談するか、納得できない場合は消費者センターなどに相談する方法もあります。

違約金はない

ホットヨガLAVAは退会する時に違約金というのは特にありません。契約期間に縛りがないので当然です。

しかし、定期的に行われるキャンペーンについては、違約金ではないですが、契約期間に縛りが発生することもあるので注意が必要です。

例えば6ヵ月以上の継続を約束した人限定で、3ヵ月間の月会費が大幅に安くなるというキャンペーンがあるとすると、6ヵ月の継続前に退会してしまうと、それまで支払った月会費の割引された分の料金は支払う必要が出てきます。

これは違約金ではなく、6ヵ月継続しなかったから、3ヵ月の割引が適用されないので、正規料金を支払うということです。

[ホットヨガLAVA/退会]休会制度の利用方法

ホットヨガLAVAの休会

1ヶ月単位でレッスンをお休みいただける休会制度がございます。
休会希望月前月の15日(定休日と重なる場合は14日)までに会員証をご持参の上、登録メイン店舗でお手続きください。
休会中は事務手数料として月々2,100円(税込)を頂戴いたします。ー引用:ホットヨガLAVA

長期出張やケガや病気の入院など何らかの理由で、一時的にホットヨガLAVAに通えなくなった場合には「休会」することができます。

ただし、休会した場合にも月々2100円の費用が発生するので、再入会の登録手数料が5,000円ということを考えると、3ヵ月以上休会する場合は、一度退会したほうが金銭的にはお得です。

また、オプションの契約は休会できないので、休会する場合はオプション契約を一度解約しておいたほうが良いでしょう。

復会する場合、希望月の前月15日までに手続きをしなければならないので早めに手続きする必要があります。

ホットヨガLAVAに強制退会はある?

ホットヨガLAVAを強制的に退会させられる事例はあるのでしょうか。気になりますよね。

ホットヨガLAVAを強制退会させられるのは、ほとんどの場合は料金の未払が原因となります。

ホットヨガLAVAの料金は口座引き落としのみになりますが、口座に残高がなくなって2~3回分を滞納してしまうと強制退会扱いになることがあります。

料金を滞納すると督促状が送られてきます。そこに書かれた支払期日までに、未払金を支払うことで強制退会は免れることができます。

なので、くれぐれも銀行口座の残高が無くならないように注意しましょう。

その他強制退会させられる理由としては、契約するときの利用規約に書かれていることを守らないといったことがあります。

[ホットヨガLAVA/退会]マイページでできる手続き

ホットヨガLAVAに入会して会員になると、WEBサイトからマイページにログインすることができるようになります。

マイページから自分の登録店舗のレッスン予約をすることができるので便利です。

マイページにログインするには、入会時にもらった会員証の会員番号とパスワードが必要になります。

パスワードはくれぐれも忘れないように厳重に管理しておきましょう。

関連記事:ホットヨガLAVAの評判

[ホットヨガLAVA/退会]マイページでプラン変更ができる

ホットヨガLAVAにはプランがいろいろ用意されていますが、プランはいつでも変更することができます。

例えばマンスリーメンバー・フリーで契約していた場合に、実際には近所の店舗しか利用しないならマンスリーメンバー・ライトに変更したほうがいいでしょう。

あとは、通い放題のプランに入会しているにも関わらず週に1回しか通えなかったという場合は、マンスリーメンバー・4に変更したほうがいいですよね。

仕事やプライベートの状況によって、ホットヨガに行ける時間や回数は異なってくるので、都度最適なプランに変更することも考える必要があります。

[ホットヨガLAVA/退会]マイページで住所変更ができる

転勤や結婚などで引っ越しをして住所が変わった場合には、ホットヨガLAVAの登録情報から住所変更をしなければいけません。

登録されている住所にはDMなどが届くこともあるので、住所が変わったら速やかに住所変更をしましょう。

住所変更はマイページから行うことができます。住所が変わったら、ホットヨガLAVAの登録店舗も変更になることがあると思うので、通いやすい店舗を探しておくこともわすれないようにしましょう。

また、店舗ごとに月会費が違うので、住所変更先では高くなったり安くなったりすることもあります。

[ホットヨガLAVA/退会]お問い合わせ先

ホットヨガLAVAの問い合わせ

ホットヨガLAVAについて何か不明点がある場合は、お問い合わせフォームから問い合わせると解決できることが多いです。

さらに、WEBサイトにはこれまで問い合わせが多かったことを「よくある質問」としてまとめられているので、そのページを見れば解決することもあります。

インターネットの操作に慣れていない人は、コールセンターでも相談や問い合わせは受け付けているので、急いでいる人は電話での問い合わせが良いでしょう。

また、WEBサイトの問い合わせページにはチャット機能もあるので、インターネットでも素早いレスポンスの回答も得られます。

[ホットヨガLAVA/退会]LINE公式アカウントを便利に使おう

ホットヨガLAVAにはLINE公式アカウントがあります。会員であればLAVAのアカウントと連携することができ便利な機能が利用できます。

WEBサイトで予約をする場合は必ずログインの作業が必要になりますが、LINEの場合はログイン不要で予約画面に遷移することができます。

また、予約状況の確認やキャンセルが、メッセージで簡単に行うことができます。

キャンセル待ちの予約をしている場合には、繰り上がりで予約確定した場合にリアルタイムで通知もしてくれるので便利です。

LINEアカウントはこちら

[ホットヨガLAVA/退会]店舗数が多い

ホットヨガLAVAの店舗数は2019年4月時点で422店舗あります。

北海道から沖縄まで、ほとんどの都道府県にホットヨガLAVAの店舗はあります。

東京だけでも111店舗あるので、東京に住んでいる人なら、近くに必ず通いやすいホットヨガLAVAの店舗があるような状態です。

ただ、やはり郊外や地方になるほど店舗数は少なくなるので、県庁所在地など県の中でも人口密度の高い場所にしかない場合もあります。

ホットヨガLAVAは店舗によって料金も違えば、スタジオの数も違いますし、インストラクターの雰囲気なども全然違いますから、自分の行動範囲でお気に入りの店舗を見つけて行けばいいでしょう。

関連記事:東京都のホットヨガLAVA一覧

[ホットヨガLAVA/退会]運営している会社の会社概要

ホットヨガLAVAの運営は、株式会社LAVA Internationalという会社が行っています。

LAVA Internationalは、ホットヨガスタジオの運営のほかにも、女性専用の断食・ファスティング施設や、ヨガインストラクターの育成事業、ヨガアイテムの販売等も行っています。

また、Great Place to Work Institute Japan(以下、GPTW)が発表した、2019年の日本における「働きがいのある会社」ランキングで8位に選出されるなど、働く人にとっても良い会社となっています。

参考:2019年版 日本における「働きがいのある会社」ランキング


\今なら体験レッスン150円♪/