ホットヨガで必要なもの

ホットヨガをやるうえでそろえないといけないものはウエアとマットと水分、タオルくらいでしょうか。それぞれのポイントを紹介して行きます。

ホットヨガのウエア

ホットヨガをするときのウエアは普通のTシャツだとやりにくいと思います。というのも大量の汗をかくので、綿のシャツだと身体に貼りついて気持ち悪い感覚があります。また、袖があると腕回りにシャツが貼りつくと動かしにくくなるのでストレスになります。

ホットヨガのウエアを選ぶポイントは、「袖が無いもの」「ナイロンやポリエステルなどスポーツウエアの素材」ということで選ぶといいと思います。

タンクトップやキャミソールっぽいものが動きやすくていいと思います。

最近は女性専用のスタジオも多いのでスポーツブラタイプの露出の多いものでやる人もいます。バストが気になる人はカップ付きのウエアも売っていますよ。

ウエア

ヨガパンツ・スカート

ヨガのパンツはレギンスタイプのようなものが一番人気ですね。こちらもスポーツウエアの素材のものが動きやすくていいですよ。

あとはショートパンツやクロップドパンツも人気です。サルエルなんかもあります。

スカートもあるんですが、レギンスの上におしゃれとして着用するという感じになりますね。いずれにせよ、動きやすいというのが一番大事なので、デザインよりも動きやすさを重視して選ぶと間違いないです。

ヨガマット

ヨガマットは最近は結構カラフルな模様が入ったものやイラストが入ったものも多く販売されています。スタジオによっては無料で貸し出しなどもあるので、特に購入の必要はないかもしれません。自分でこだわりのホットヨガマットが欲しいとか、人の使ったマットはちょっと・・・、という人は自分のヨガマットを買ってもいいと思います。

暑さが3mm~6mmといろいろあるので、使い易いものを試してから購入するといいと思います。

また、ヨガラグというものもあり、これは滑り止めのついたヨガマットの上にしくもので、タオル地で吸水性にすぐれていたり、肌へのあたりが優しいので人気があります。スタジオのヨガマットの上に敷けば、他人が使ったマットでも気にならずに使えるのではないでしょうか。

マット

その他

ブロック

そのほかのグッズとしては、身体が硬い人でもヨガポーズがスムーズにできるようになる補助アイテムの「ヨガブロック」や「ヨガベルト」、座布団タイプの「ヨガザフ」などがあります。

あとは滑らないようにするグローブやソックスなんてのもあります。顔の汗が気になる人にはヘッドバンドなどもあります。

これらは初心者では必要が無いと思いますので、まずはウエア、水筒、タオル、ヨガマット(またはヨガラグ)があればいいと思います。


ホットヨガLAVAの評判を見てみる