ヨガとはそもそも何?

ヨガ

ヨガというのはインドで発祥したもので、身体のバランスを保ちながら呼吸を整え瞑想して、精神を養う修行法になり、その歴史は4000年以上にも遡ります。

そして、ヨガにはいろんな流派や種類がたくさんあって、それぞれに派生していっています。伝統的なものとしてはハタヨガというものがあります。その辺で行われているヨガはほとんどがエクササイズ要素のあるヨガで、本当の意味でのヨガではないかもしれません。

ヨガの種類はいろいろありますが、心を落ち着かせたいとかリラックス効果を高めたいという目的のものもあれば、運動量を多くしてしなやかな身体を手に入れる目的のもの、さらにハードにインナーマッスルや体を引き締める目的でするヨガなどもあります。

ホットヨガはデトックス目的

ホットヨガも基本的な動作としては普通のヨガとあまり変わりません。ヨガと大きく違う点はヨガを行う環境になります。

ホットヨガは室温が38度前後、湿度が55%以上という特殊な環境で行うので、どちらかというと運動目的・健康目的という分類になるでしょう。

ホットヨガのいいところ

ホットヨガは高温多湿のスタジオで行うものなので、ちょっとした動きでも汗をかきやすくなり、代謝が高まります。身体が温まることで関節や筋肉が柔らかくなり、よりヨガポーズをとりやすくなるので、身体が硬い人でもやりやすいということもあります。

汗をかくことでデトックス効果も高まり、慢性的な冷え性やむくみ、肩こりや腰痛なども改善されるということがあります。

ホットヨガの悪いところ

逆にホットヨガは高温多湿という環境ゆえに、体力の消耗が普通のヨガよりも激しくなるので、体力的にきついと感じる人もいるようです。また、水分が汗となって出ていくので、水分補給のタイミングを忘れると脱水症状にもなる可能性があります。だからホットヨガはきちんとしたインストラクターのもので行うのがよいでしょう。

さらに普通のヨガであれば、型さえ覚えれば自宅でも簡単にできるのに対し、ホットヨガは高温多湿の空間をつくる必要があるので、自宅で行うことが難しいということもあります。

痩せるならホットヨガ

痩せるヨガ

瞑想や心のリラックス、精神的な癒しを求めるのであれば、ホットヨガより普通のヨガをやるほうがいいと思います。そんなことはどうでもよくて、筋肉量を増やしたい、ダイエットしたい、むくみや冷え性を改善したいということであれば、ホットヨガほど女性にぴったりなエクササイズはないでしょう。

ホットヨガは身体が温まることで少しの運動でも脂肪を燃焼しやすくなり、疲労感は少なく効果の高いダイエットができます。さらにデトックス効果により、新陳代謝が促進され、余計な老廃物の排出を促したり、血行が良くなって、肩こりやむくみの解消にもなります。

といってもホットヨガを適当にやっては意味がありません。ポーズや呼吸をしっかり型どおりに行うことで最大限の効果が発揮されます。最初はその特殊な環境のせいで呼吸が浅くなったり集中力を欠いたりすることがありますが、それは慣れるしかないので続けることで女性らしいしなやかな姿勢と身体を手に入れることができると思います。

継続していくと痩身効果のほかにリラックスや癒しの効果もだんだんと感じるようになってくるので、体重の変化とともに、心の変化も実感で来たら本物ですね。


ホットヨガLAVAの評判を見てみる